妊娠するための基礎知識 妊娠中に困ったこと

妊娠中のアルコールやカフェインについて

投稿日:2017年4月5日 更新日:

こんにちわ、Rielです。

妊娠が発覚したときに、「アルコールやカフェインを飲んじゃだめだよ」とよく耳にしませんか?

とても身近に感じるウーロン茶。実はこれも、ものによってはカフェインが入っているのですよ!

Riel
実は私自身も、妊娠するまで知らなかったんですよね(@_@;)

今回は妊娠中のアルコールやカフェインについてをまとめてみたので、よければ見ていってくださいね。

スポンサーリンク

妊娠中のアルコールについて

アルコール摂取のリスク

なぜ妊娠中にアルコールを飲むのはいけないのでしょうか?

その理由は、胎児性アルコール症候群になる危険があるからと言われています。

妊娠中の母親の習慣的なアルコール摂取によって生じていると考えられている先天性疾患の一つ。神経発達症の一種である。妊婦のアルコール摂取量とその摂取頻度により、生まれてくる子供に軽度から重度に及ぶあらゆる知能障害が顕れることがある。 byウィキペディアより

ウィキペディアによると妊婦がアルコールを摂取することによって、生まれてくる子供が奇形児だったり、発達障害や行動障害などを引き起こす可能性があるということですね。

摂取する時期で影響が異なる

妊娠中にアルコールを摂取する時期によって、胎児への影響が異なります。

まず妊娠初期は、赤ちゃんの各器官が作られている最中なので、その頃にアルコール摂取をすると脳をはじめ、作られている細胞にさまざまな影響があると言われています。

また、妊娠中期から後期にアルコール摂取をすると、発達障害や脳の中枢神経に影響があると言われています。

少量でも絶対にダメ

妊娠中に少量のアルコール(1杯)を飲んだ場合でも、胎児性アルコール症候群になる可能性はあります。

アルコールを飲まないことで胎児性アルコール症候群を100%回避できるので、自分で生まれてくる我が子を危険な目に合わせるのはやめましょう!

妊娠中のカフェインについて

カフェイン摂取のリスク

妊娠中になぜカフェインを摂取してはいけないのでしょうか?

それは、早産や低体重になったり、流産する危険性があると米国の研究者から報告されているからです。

お腹の中の赤ちゃんは、ママのカルシウムから栄養を補っています。

なので、ママも赤ちゃんもカルシウムは必要不可欠なのですが、カフェインを取りすぎるとその大切なカルシウムが尿作用によってでていってしまうのですね。

カルシウム不足になると赤ちゃんの骨や歯の成長の妨げになったり、ママ自身も骨や歯がもろくなります。また、カフェインは血管を収縮させる作用があるので、お腹の赤ちゃんに血液や酸素をうまく運べなくなるのです。

そうなると、お腹の中にいるのが危険だと医師に判断されて低体重のまま出てくるので早産になってしまったり、最悪の場合は流産になったりするのです。

しかし、1杯コーヒーを飲んだからと言って流産するわけではありません。

1日1.2杯程度なら特に問題はないとのことです。

産婦人科の先生に聞いてみた

私は、毎朝コーヒーを欠かさず飲むカフェイン中毒者です(笑)

妊娠する前は1日に3杯は必ず飲んでいました。

そんな私が妊娠をし、いざ「カフェインを抜いてね!」と言われても、精神的にとてもきつく感じてしまいます。

妊娠中どうしてもコーヒーが飲みたくてたまらなかったので、産婦人科の先生に相談してみました。

すると、1日1~2杯(約200グラム)までなら大丈夫だとおっしゃっていました。

ただ、カフェインを摂取していない人より摂取している人の方が流産する可能性が高くなるので、我慢できる方はカフェインを避けた方が良いです。

最近ではノンカフェインのインスタントコーヒーも出ているので、そちらを飲んで気を紛らわすのも一つの手ですね!

あまり飲まないほうがいいもの

妊娠中にあまり避けたほうがよい飲み物があります。それは、

  • コーヒー
  • ウーロン茶(入っていない物もある
  • ココア
  • 栄養ドリンク
  • 紅茶
  • コーラ
  • 硬水…など

これらですね。

実際に書いてみると、身近な飲み物がたくさんありますね。しかし、カフェインが入っているからと言って飲めないわけではありません。

上にも書いていますが、1日1~2杯なら心配ないとのことです。

安心できる飲み物

妊娠中、安心できる飲み物とはいったい何でしょうか?

それは麦茶やタンポポ茶などのカフェインが入っていない飲み物です。

特にタンポポ茶は妊娠中から、産後母乳で育てたいママにとってうれしい飲み物です。

産婦人科の先生や、助産師さん、先輩ママさんも絶賛しているので、1度お試しになってみては?

さいごに

いかがでしたか?

今回は妊娠中のアルコール摂取の危険性やカフェインを控えたほうがよい理由などのお話をしました。

アルコールは絶対にやめたほうが良いですが、カフェインについては1日1~2杯程度なら大丈夫だと産婦人科の先生に教えてもらいました。

しかし、先生によっては絶対にNGといわれる可能性もあるので、もし心配であればかかりつけ医に相談してみてくださいね!

スポンサーリンク







本気で痩せたいあなたへ

トピナガードル

隠れたスーパーロングセラー商品、トピナガードル。口コミがかなり好評で、わたしも実際に使用して産後5ヶ月でウエストが約-10センチ細くさせることに成功しました。

このガードルの特徴は、

  • 締め付けない
  • 暖かい
  • 24時間着用できる
  • 無料のアフターケア

そして、純日本製で安心ということで高評価を得ている産後ガードルです。

産後ガードルに悩んでいる方は、実際にわたしが使用してトピナガードルの効果について書いているのでよければ参考にしてください♪

当サイトBEST3♪

1

こんにちわ、Rielです♪ 産後なかなか体型が戻らず、悩んでいるママさんは多いのではないでしょうか? そんなわたしも、産後に体型が元に戻るのか不安と感じていた1人でもあります…(´・ω・`) 妊娠中か ...

2

どうも、Rielです(*´ω`*) ここにたどり着いたあなたは、出産内祝いを何にしようか悩んでいるのではないでしょうか? 内祝いは赤ちゃんがうまれて30日前後に贈るのを原則なのはご存知かと思いますが、 ...

3

産後や授乳中のママは、結婚式に招待された時のお呼ばれドレスについて悩んだりしませんか? そんな私もいつも通りの高いピンヒールや、短い丈のドレスを着るのはちょっと抵抗があり、全て新しく買いなおしました。 ...

-妊娠するための基礎知識, 妊娠中に困ったこと
-, , , ,

Copyright© Rielママの子育てブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.