妊娠中の病気

妊娠中に注意!病気や感染症について

投稿日:2016年1月14日 更新日:

「妊娠中に病気になったらどうしよう…?」そう不安になる方は多いのではないでしょうか?

私自身、妊娠中は鼻血がでたり、妊娠じんましんがでたり、切迫早産になりかけたり…と大きな病気をしたわけではありませんが、感染症などにかからないように気を付けて過ごしていた頃を思い出しました。

今回は、妊娠中に気を付けておきたい病気や感染症についてお話ししたいと思います。

これから妊娠したい方にも目を通しておいてほしい事なので、ぜひ見てくださいね♪

妊娠中にかかったら怖い病気

Counselling / Pixabay

妊娠中に気を付けてほしい病気は6つあります。

  • インフルエンザ
  • 風邪
  • 風疹
  • 水痘(水ぼうそう)
  • トキソプラズマ症
  • サイトメガロウイルス
  • 妊娠中にインフルエンザや風邪の症状にかかることはよく聞きますが、悪化したら大変なので油断はできません。

    下の項目にかいてあるカタカナの横文字、聞いたことはありますか?

    私自身、妊娠してから初めて知りました…(@_@;)

    これからひとつひとつ、簡単に説明してきますね!

    インフルエンザについて

    インフルエンザは毎年寒くなってくる頃から流行りだして、最近ではいろいろな種類が出回っています。

    絶対にインフルエンザにかからないとは言えませんが、予防接種を受けることで重症化を防ぐことが出来ます。

    妊娠中にインフルエンザにかかると、薬が飲めないので耐えるしかありません(@_@;)

    なので、できるだけインフルエンザのワクチンを打ってもらいましょう!

    もちろん妊娠中にワクチンを打つことは可能ですが、まずはかかりつけ医に相談してくださいね!

    ちなみに…妊娠中にインフルエンザにかかったからと言って赤ちゃんに感染するわけではないのでご安心を。

    風邪について

    stevepb / Pixabay

    妊娠中、免疫が下がることが原因で風邪をひき、1度は体調を崩すことがあるのではないでしょうか?

    風邪をひいた場合、自力で治すしか方法はありません…。

    しかし、あまりにひどい場合は産婦人科で薬を処方してもらえる場合があります。

    薬と言っても漢方などの効き目がかなり弱い、その場しのぎの薬しかもらえませんが(@_@;)

    ほとんどの先生は妊娠中に薬を飲むことを控えるようにと言われるので、もし風邪によって体調を崩した場合は、寝て治るのを待つしか方法がないと思ってください。

    もしあまりに辛いならば、かかりつけ医に相談してくださいね!

    風疹について

    風疹は妊娠20週までに感染してしまうと、赤ちゃんに知的障害や知力障害、先天性風疹症候群になる可能性があります。

    妊婦健診の時に検査の項目で風疹の免疫があるか調べてくれるので、かかりつけ医に聞いてみましょう。

    水痘(水ぼうそう)について

    妊娠中に水ぼうそうにかかると、重症化する可能性があります。

    水ぼうそうは風疹とおなじで、妊娠20週までに感染してしまうと赤ちゃんに感染(胎内感染)してしまい、目の異常や大脳萎縮などを伴った先天性水痘症候群になる可能性があります。

    水ぼうそうにかかるルートは、

  • 空気感染(空気中に飛んでいるウイルスを体内に入ること)
  • 接触感染(手についたウイルスが鼻や口に入ること)
  • 飛沫感染(咳やくしゃみによって飛び散ったウイルスを吸い込むこと)
  • と言われていて、風疹でも同じ感染ルートです。

    水ぼうそうは感染力が強い病気で、妊娠中にかかるとやっかいなのでしっかり予防しましょう。

    トキソプラズマ症について

    rihaij / Pixabay

    トキソプラズマとは、ネコのフンや、殺菌をしっかりしていない生肉や乳製品の中にいる原虫のことです。

    胎児に感染する可能性は低いですが、トキソプラズマ症に感染すると、赤ちゃんの目や脳の発達に障害が残る可能性があります。

    また、妊娠初期に感染したら死産になったと報告されています。

    予防策としては、ネコを飼っている方は誰かにお世話をお願いしたり、生肉や乳製品を控えるようにすることです。

    ガーデニングを趣味にされている方は必ず手袋をするようにしてくださいね!

    サイトメガロウイルスについて

    サイトメガロウイルスとはヘルペスウイルスの仲間と言われていて、妊娠中にこの症状に感染してしまうと胎盤を通して胎児に感染し、難聴や言語障害になる可能性があります。

    【関連】サイトメガロウイルスの詳しい解説はこちら

    サイトメガロウイルスの予防策は、手洗いうがいをしっかりして、食べ物や飲み物、食器類(スプーンなど)を共有しないことです。

    もし上に書いてある病気に感染してしまったら

    すぐにかかりつけ医に連絡を入れて、指示に従ってください。

    風邪の場合は寝て安静するように言われるかもしれませんが、現状況を報告することによって何かあった時にすぐに対応してくれます。

    まとめ

    普段健康で病気知らずの人でも、妊娠中に体調を崩してしまう方は多いです。

    それほどホルモンバランスが崩れていると言えるのです。

    もし不安なことや体調がおかしいと思ったらlすぐに病院へ連絡を入れてくださいね!

    本気で痩せたいあなたへ

    トピナガードル

    隠れたスーパーロングセラー商品、トピナガードル。口コミがかなり好評で、わたしも実際に使用して産後5ヶ月でウエストが約-10センチ細くさせることに成功しました。

    このガードルの特徴は、

    • 締め付けない
    • 暖かい
    • 24時間着用できる
    • 無料のアフターケア

    そして、純日本製で安心ということで高評価を得ている産後ガードルです。

    産後ガードルに悩んでいる方は、実際にわたしが使用してトピナガードルの効果について書いているのでよければ参考にしてください♪

    • この記事を書いた人
    Riel

    Riel

    3歳と1歳の子供を持つ2児の母です。趣味は旅行、ハンドメイド、一眼レフカメラ。大好きなキャラは、アリエルです♪最近はよく家族でユニバへ遊びに行ってます。※インスタもしています♪詳しいプロフはこちら

    -妊娠中の病気
    -,

    Copyright© Rielママの子育てブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.