妊娠中の病気

妊娠中、頭痛になった時の対処法

投稿日:2015年12月24日 更新日:

妊娠中、頭痛を経験するママは多いのでは?

わたし自身、偏頭痛持ちなので頭の痛さについてはいやほどわかります(@_@;)

今回は妊娠中、頭痛になってしまったときの対処法についてお話ししたいと思います。

妊娠中の頭痛について

妊娠中ホルモンバランスの影響で、いつもより体調を崩しやすかったり、ストレスが原因で頭痛を感じる方が多くなっているようです。

とくに、妊娠初期から中期のあいだに頭痛を体験するママも多いとか。

実際わたしも妊娠中に頭痛を体験しましたが、元々偏頭痛持ちなのである程度は我慢できました。

しかし、痛みに弱いママは結構痛くてつらく感じるかもしれません。

頭痛の原因

上でも書いていますが、頭痛が起きる原因は妊娠によるホルモンバランスの影響やストレスが原因と言われています。

ストレスを感じると頭痛を感じやすくなるようです。

なぜなら、ストレスがたまると自然に呼吸が浅くなり、脳へ酸素や血液などがいつもより送られなくなってしまうので、脳貧血になって自律神経に作用し、それが原因で頭痛が起きやすくなるのです。

つまり、血管が縮小して血液の循環が悪くなってしまうことで脳が【助けて】と信号を送っているということです。

妊娠中は薬を飲めないから余計につらい

頭痛があってかかりつけ医に相談しても、漢方を渡されたり、カロナールなどのかなり弱い薬を処方されますが…

正直な話、イマイチ効いているのかわかりません。

わたしは飲んでいいと言われようが、妊娠中に薬を服用したくなかったのである方法で乗り越えました。

それは次にお話ししますね!

妊娠中の頭痛を乗り越える方法

首周辺の脈がある部分やこめかみを冷やす

どれぐらい冷やすのかというと、アイスノンなどの冷たいものをタオルで巻いてあてる程度で大丈夫です。

ただしこの方法は、血管拡張の原因がある場合に効果があるので、これが効かなかった場合は次の方法で試しましょう。

首の後ろをほぐすか温める

上の方法でも改善されない場合は、血管収縮が原因の頭痛かもしれません。

その場合の対処法は

  • 首の後ろを念入りにほぐす。
  • 肩や首をカイロなどで温める。
  • 温めることによって、血液が脳に送られて頭痛が収まることがあります。

     

    まとめ

    私は、肩の周りを温めることによって頭痛が収まりました。

    あとは主人に念入りにほぐしてもらっていましたね。

    ”手当て”と言う言葉があるくらい、自分が辛いときに人の手のぬくもりはとても心地よく感じますね♪

     

    頭痛は人によって感じ方が違います。

    頭痛の原因は何百、何千種類あると言われているほどなので、もし痛みが引かず寝ることもできない場合はかかりつけ医に相談してくださいね!

    本気で痩せたいあなたへ

    トピナガードル

    隠れたスーパーロングセラー商品、トピナガードル。口コミがかなり好評で、わたしも実際に使用して産後5ヶ月でウエストが約-10センチ細くさせることに成功しました。

    このガードルの特徴は、

    • 締め付けない
    • 暖かい
    • 24時間着用できる
    • 無料のアフターケア

    そして、純日本製で安心ということで高評価を得ている産後ガードルです。

    産後ガードルに悩んでいる方は、実際にわたしが使用してトピナガードルの効果について書いているのでよければ参考にしてください♪

    • この記事を書いた人
    Riel

    Riel

    3歳と1歳の子供を持つ2児の母です。趣味は旅行、ハンドメイド、一眼レフカメラ。大好きなキャラは、アリエルです♪最近はよく家族でユニバへ遊びに行ってます。※インスタもしています♪詳しいプロフはこちら

    -妊娠中の病気
    -,

    Copyright© Rielママの子育てブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.