妊娠中に困ったこと

まず試して!妊娠中の腰痛を楽にする方法と予防策について

投稿日:2016年2月14日 更新日:

こんにちわ、Rielです♪

妊娠中期から後期に差し掛かってくると、だんだんお腹が大きくなってきて腰痛が出てくるママさんは多く、妊娠をキッカケで腰痛持ちになっている方もいらっしゃるようです。

私もその1人で、妊娠中腰が砕けそうなくらい辛い時期があったなあと思い出しました(@_@;)

そんな方に妊娠中の腰痛を楽にする方法と予防策をまとめたので、ぜひ試していただきたいと思います。

よかったら参考にしてくださいね♪

妊娠中の腰痛を楽にする4つの方法

足腰を冷やさない

足腰が冷えることで血液の循環が悪くなって体が硬くなり、腰痛の原因になります。

夏場でも湯船に浸かるようにして、お腹が大きくなってきたら無理せず足湯だけするなど心がけましょう!

お風呂あがりに軽くストレッチするだけでも腰痛が軽減されます。

妊婦用の骨盤ベルトをする

骨盤ベルトは腰や骨盤を支えてくれるので、腰痛が和らぐ効果があると言われています。

さまざまな種類の骨盤ベルトが出回っていますが、中でもオススメなのがトコちゃんベルトです。

トコちゃんベルトは産院でもオススメしているほど骨盤のサポートをしっかりしてくれるので、早産予防や妊娠中の太りすぎ防止にもつながります。

私が妊娠していたとき、早めに骨盤ベルトを使用した方がいいと聞いていたのですが、中々高額だったのでずっと買うか悩んでいたんです。

妊娠後期になると腰痛があまりにひどいので、トコちゃんベルトを購入し、実際に使用してみました。

すると…腰痛が軽減されたのです。それに、歩くときにお腹が重くてフラフラしていたのが、腰をサポートしてくれることでグラつかなくなったんですね。

個人差はあるかと思いますが、腰痛持ちで骨盤ベルトの購入を悩んでいる方はトコちゃんベルトをオススメします。

抱き枕などを使用する

腰痛を感じたらすぐに横になるかと思うのですが、ただ横になるのではなく抱き枕などを使用すると腰が楽になることがあります。

抱き枕の種類はなんでもいいのですが、産後、授乳中にも一緒に使えるようなものを探しているのであれば、抱き枕と授乳クッション兼用タイプをオススメします。

もし抱き枕が必要ない場合は、毛布やタオルを重ねて太ももに挟んだりすると良いですよ♪

誰かに腰や背中をさすってもらう

”手当”という言葉があるように、家族や友人などに腰や背中をさすってもらえるだけでとても楽になった記憶があります。

たまに軽く押してもらったりもしました。しかし、妊娠中に腰を押すの流産につながる可能性もゼロではありませんので、腰痛があまりに辛い場合はかかりつけ医に相談してみましょう。

妊娠中の腰痛予防策とは

腰痛を楽にする方法を紹介しましたが、腰痛になる前に予防できれば1番良いですよね♪

それでは、腰痛がひどくならないように予防する方法を4つ紹介しようと思うので、まずは目を通してみてください(*^_^*)

物を持ち上げて運ばない

重い物を持ち上げるとき「ヨッコラセ」と言葉を発する人はいませんか?(わたしだけ?笑)

この言葉が出てくると言うことは、物が重いと言うことですよね。

普通の方でも重いものを持ち上げるときは腰やおなかに負担がかかって辛いのに、妊婦さんはそれ以上に負荷がかかってしまうんですね。

なぜ負荷がかかるのかというと、お腹に赤ちゃんがいると反り腰になりがちなのです。

つまり、普通の人より腰を痛めやすくなるのです。

妊婦さんはバランス感覚を取るのが難しく、物を持ったときに転倒する恐れもあるので、できるだけ重いものを持たないよう周りに頼むように心がけましょう!

長時間歩かない

妊娠する前は体力があって元気だった人でも、妊娠発覚してからつわりなどさまざまな症状がでてくるので体力がなくなる方は多いです。

そんな時に長時間あるいたりすると、すぐに疲れてだんだん姿勢が悪くなってくることで腰に負担がかかり腰痛になる可能性があります。

なのでできるだけ長時間歩くのは控えるようにしましょう。

骨盤サポーターに頼る

 妊娠5ヶ月を過ぎると早い人はお腹が前にでてきます。

お腹が出てくると体のバランスを取ろうとして反り腰になり、姿勢が悪くなって腰痛を引き起こすようになります。

それを避けるために1番良い方法は骨盤サポーターに頼ることです。

なぜ骨盤を支えるほうがいいのかというと、姿勢がよくなるので腰の負担がかるくなるんですね!

産後赤ちゃんを抱っこする頻度がおおくなるので、妊娠中から腰を痛めていたら腰痛をもっと悪化する可能性があります。

それを回避するためにできれば骨盤サポーターを付ける事をオススメします。

ちなみに私は産後でも使えるトコちゃんベルトで腰をサポートしてもらっていたので腰痛軽減されました♪

適度に体を動かす

軽く運動することで血の巡りがよくなるので、腰痛の悪化を防ぐことができます。

運動じゃなくてもストレッチなども効果的ですよ♪

マタニティヨガなどもあるので、経過が順調な方は参加されてはいかがでしょうか?

柔軟することで腰痛の予防になりストレス発散にもなるので、あまり外へ出られない妊婦さんにはオススメです(*^_^*)

さいごに

いかがでしたか?

妊娠中の腰痛はほんとうにつらいです。私自身出産する1ヶ月前、あまりの痛さに整骨院へ通ったこともありました。

妊婦さんokの整骨院でしたが、知識がある先生でも妊婦さんの腰を押すのはあまりできないと言っておりました。(違う方法で処置してもらいました)

私がおもう腰を痛めない1番良い方法は、毎日軽くストレッチをすることだと思います。

上でも書いていますが、腰を痛める原因は冷えから来ていることが多いからです。

血の巡りをよくすることで冷えが改善し腰痛が悪化しないと思うので、現在妊娠中の方で腰痛に悩んでいる方はストレッチからはじめて見てはいかがでしょうか?

ストレッチをしてもいいか、まずはかかりつけ医に相談してから行ってくださいね!

本気で痩せたいあなたへ

トピナガードル

隠れたスーパーロングセラー商品、トピナガードル。口コミがかなり好評で、わたしも実際に使用して産後5ヶ月でウエストが約-10センチ細くさせることに成功しました。

このガードルの特徴は、

  • 締め付けない
  • 暖かい
  • 24時間着用できる
  • 無料のアフターケア

そして、純日本製で安心ということで高評価を得ている産後ガードルです。

産後ガードルに悩んでいる方は、実際にわたしが使用してトピナガードルの効果について書いているのでよければ参考にしてください♪

  • この記事を書いた人
Riel

Riel

3歳と1歳の子供を持つ2児の母です。趣味は旅行、ハンドメイド、一眼レフカメラ。大好きなキャラは、アリエルです♪最近はよく家族でユニバへ遊びに行ってます。※インスタもしています♪詳しいプロフはこちら

-妊娠中に困ったこと
-

Copyright© Rielママの子育てブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.