母乳育児について

知ってた?母乳育児のメリットとデメリット

投稿日:2016年2月18日 更新日:

こんにちわ、Rielです♪

突然ですが、母乳育児のメリットとはいったいなんでしょうか?

こんな方におすすめ

    • 母乳をあげることで痩せることが出来る
    • ミルク代がかからない
    • どこでもあげることが出来る

この3点がまず思い浮かぶのではないでしょうか。

母乳育児はいいことだらけかと思うかもしれませんが、あまり知られていないデメリットの部分もあります。

今回は母乳育児のメリット、デメリットについてお話ししたいと思います。

母乳育児とは

AdinaVoicu / Pixabay

まず母乳育児とは、名前の通り母乳で赤ちゃんを育てていくことです。

今では多くの方がミルクとの混合で育てていますが、できれば母乳のみで育てる”完全母乳育児”をしたいとおもうママさんもいるのではないでしょうか?

わたしは今の所母乳のみで育てていますが、メリットばかりではないことを今になって気が付きました。

それについて、次に話していきたいと思います。

母乳育児のメリット

最初でも書きましたが、母乳育児のメリットはまだ他にもあります。

こんな方におすすめ

    • 産後の回復が早まる
    • 外出時に荷物が少なくて済む
    • 夜の授乳が楽になる

産後の回復が早まる

母乳を与えることによって子宮が収縮するので、産後の回復が早いと言われています。

なぜ早いのかというと、母乳を作るオキシトシンというホルモンが子宮内の出血を止める作用があるからです。

また母乳を与え続けることで子宮の活動を休ませている状態なので、婦人病(乳ガンや子宮ガンなど)になるリスクが下がると報告されています。

外出時について

赤ちゃんと外出するときにミルクで育てている人は、哺乳瓶やミルク缶、水筒など必ず持って行かなくてはなりません。

しかし、母乳育児の人はそれらがいらないのでとても身軽に外出することが出来ます。これはメリットと言えますね(*^_^*)

夜の授乳について

ミルクで育てている方は、夜中に泣いたらお湯を沸かすところから作って与えなくてはならないのでとても大変です。

しかし母乳の場合は、泣いたらすぐに与えることが出来るので、ママにとってはとても楽になります。

母乳育児のデメリット

では、母乳育児のデメリットとは何か?

私が思ったことを下記にまとめてみました。

こんな方におすすめ

    • 母乳の量がわからない
    • 乳腺炎になりやすい
    • 添い乳をしないと寝ない
    • 夜中起きる頻度がおおい
    • 他の人に預けることができない
    • 洋服が限られる
    • お酒が飲めない

母乳の量がわからない

ミルクで与えていると哺乳瓶のメモリで量がすぐにわかりますが、母乳の場合はどれくらい出ているのかわかりません。わかる方法はベビー用の体重計に乗せてはかることです。

普段私たちが使っている体重計ではグラム単位でわからないので、どこかの施設に行ってはかるか、自分でベビー用の体重計を買うしか方法がないのがデメリットと言えそうです。

乳腺炎になりやすい

母乳の出がいい人は、乳腺炎になりやすく、赤ちゃんに栄養を吸い取られているので体調が崩しやすいです。

乳腺炎になった場合は、母乳外来へ行っておっぱいマッサージをしてもらわないといけないのでミルク代よりお金がかかる場合も。

母乳外来は病院によってピンキリですが、一回受けるのに平均1500~3000円ほどです。

添い乳をしないと寝ない

添い乳は赤ちゃんが泣いたらすぐに与えることが出来るのでとても楽かもしれません。しかし楽なあまり、卒乳するときがミルクで育てている人よりとても大変になります。

それは卒乳するときに子供がおっぱいへの執着心が強くなっているからです。

なので、卒乳するためにしっかり計画を立てないといけません。

夜中に起きる頻度が多い

ミルクで育てている場合は、たくさんの量を飲んでくれるので赤ちゃんはぐっすり寝てくれます。しかし、母乳の場合はミルクほどたくさん量がでないのでお腹が十分に満たされず起きる頻度が多くなる場合があります。

つまり頻回授乳をしなくてはいけないので、ママは十分に寝れず睡眠不足になりやすいです。

他の人に預けることが出来ない

ミルクだとママが仕事に行っている時やほかの方へ預けることが出来ますが、母乳だと冷凍して預けたり、外出時はトイレなどで絞らなくてはいけません。

赤ちゃんとそばにいる時間がとても長くなるので、自分が1人になりたい時間はかなり少なくなります。

洋服について

母乳育児をしている間は授乳服など、胸を出しやすい服装をしないといけないので着るものが限られてしまいます。

またピッタリした服装は胸がきつくなるので苦しくなったり、母乳パットをしないと胸の部分が濡れていたりするので、気を付けなくてはいけません。

お酒が飲めない

当たり前ですが、母乳育児をしている人はお酒を飲めません。なぜならママがとったものすべて赤ちゃんの栄養となるからです。

お酒ではなく、食事にも気を遣わなくてはいけないので母乳育児は楽ばかりではないと言えそうです。

まとめ

いかがでしたか?

母乳育児はメリットばかりと思うかもしれませんが、実はデメリットも多いのがお分かりいただけたかと思います。

1歳をすぎると母乳もミルクも離れていく子が大半なので、今の貴重な時間を大切にしていきたいですね(*^_^*)

最新情報はこちら

0歳 diary

莉乃diary☆生後10ヶ月の思い出

目次おでかけ購入品お兄ちゃんに食べさせてもらったラッパを吹くように初めて1人で立っちができました!えりなとひとり立ちお母さんDay主人の実家へたいやき可愛い赤ちゃん購入品初カラオケへお兄ちゃんとおもちゃ9ヶ月健診へひとり立ちが楽しいえりなDayとお昼寝アートの撮影おばあちゃんと孫 おでかけ 01.21 この日はイオンへお出掛けにいってきました♪ オムツを替えるとき、すぐに立っちしようとする莉乃ちゃん。 パパも替えるのが大変そうです笑 あんなに小さかった娘が、どんどん大きくなっていく…!嬉しいようなさみしい ...

ReadMore

0歳 diary

莉乃diary☆生後9ヶ月の思い出

目次親友の家でクリスマスパーティークリスマスプレゼントお兄ちゃんとジャンパルーで遊ぶお餅つきのお手伝いお餅を食べる莉乃ジャンパルーで寝る娘今年最後の莉乃Diaryでのごあいさつサプライズプレゼントパンツデビュー片手でも安定して立っちが出来るようになってきた 親友の家でクリスマスパーティー 12.23 この日は初めてしおりとふじさんのおうちへ遊びに行ったよ~!(莉乃が) 初めて来ても、自分の家のように自由に遊んでおりました(o´▽`o) しおりに渡されたスマホのカメラをのぞき込む莉乃ちゃん。 自分の姿がうつ ...

ReadMore

生活

ディズニー公式アプリは神アプリ!実際に使用した感想と便利情報も!

こんにちわ、Rielです♪ 先日3泊4日でディズニー旅行へ行って参りました( ´ ▽ ` ) ※ディズニーブログはまた違う機会にまとめてUPします♪ よくディズニーへ行く友人に、 ディズニーに行くなら、絶対に公式アプリを取っておいた方がいいよ!! といわれたので、取りました! じゃん! Rielマジ神アプリです。 これ読んでいるあなた、まだ取っていなかったらすぐに取ってください(´・ω・`) 目次ディズニー公式アプリでは何ができるの?自分の居場所がわかるショーの抽選ちなみに…イベント時間の確認トイレの場所 ...

ReadMore

0歳 diary

莉乃diary☆生後8ヶ月の思い出

目次TVの前でTVをみるようになったたっちしそう?カメラ目線とハイハイタッチ成功!とランチへしおりと女子会公園へイオンへ足をつかんで遊ぶディズニーポキットデビューにんじんと白がゆiPhone8plusとシェリーメイ何でも口にする莉乃ちゃんつかまり立ちが大好き初めてのイルミネーションへ家族写真ママ友会集合写真ぷりてぃーなおちり初動物園へ!購入品片手でつかまり立ち初めてのクリスマス会私も離乳食を食べるよ!たかいたか~い記念撮影ソファーでつかまり立ち台所のゲートでもつかまり立ち TVの前でTVをみるようになった ...

ReadMore

0歳 diary

莉乃diary☆生後7ヶ月の思い出

目次1人座りと区役所へお昼からは区役所へ下半身のしっかり具合ダッフィー&シェリーメイの着ぐるみ前回り?動きが活発になってきたヤキニクパーティー!おもちゃ王国&有馬温泉へ!ちょっと体調が…少しマシになった…?少しずつ回復してきた鼻水たらしながら移動耳鼻科へジャンパルーで元気に遊ぶ!着ぐるみとお座り1人座り離乳食を開始しました離乳食開始鏡大好き購入品つねに1人座り 1人座りと区役所へ 10.23 朝から1人座りをいっちょ前にしている莉乃ちゃん。 座りながら笑いかけてくれる姿は、天使としかいいよ ...

ReadMore

本気で痩せたいあなたへ

トピナガードル

隠れたスーパーロングセラー商品、トピナガードル。口コミがかなり好評で、わたしも実際に使用して産後5ヶ月でウエストが約-10センチ細くさせることに成功しました。

このガードルの特徴は、

  • 締め付けない
  • 暖かい
  • 24時間着用できる
  • 無料のアフターケア

そして、純日本製で安心ということで高評価を得ている産後ガードルです。

産後ガードルに悩んでいる方は、実際にわたしが使用してトピナガードルの効果について書いているのでよければ参考にしてください♪

  • この記事を書いた人
Riel

Riel

3歳と1歳の子供を持つ2児の母です。趣味は旅行、ハンドメイド、一眼レフカメラ。大好きなキャラは、アリエルです♪最近はよく家族でユニバへ遊びに行ってます。※インスタもしています♪詳しいプロフはこちら

-母乳育児について
-,

Copyright© Rielママの子育てブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.