2人目妊娠記録

前駆陣痛から本陣痛につながるかもしれない9つの方法をご紹介

投稿日:2016年9月5日 更新日:

臨月に入ると「いつ陣痛が来るのかな?」とそわそわしますよね!

私も早く赤ちゃんに会いたくて、ネットで陣痛が来る方法をたくさん調べました。

ネットでいくら調べても、最終的には赤ちゃんのタイミングで出てくるものですから、ひたすらその時を待つしかありません…。

40週で本陣痛がくればよいのですが、初産の場合はほとんどの人が予定日を過ぎます。すぎたらやはり「早く陣痛が来てほしい」と思いますよね(笑)

そこで今回は、前駆陣痛から本陣痛につながるかもしれない9つの方法をご紹介したいと思います。

ちなみに、これから紹介する内容は医学的根拠はありません。

しかし、やってみて実際に本陣痛につながったという話はよく聞くので、自分ができる範囲で行ってくださいね!

前駆陣痛から本陣痛につなげる9つの方法

1.ウォーキングをする

これはほとんどの方が実際にしていることだと思います。なぜウォーキングをするとよいのか?それは、赤ちゃんが出てくるところまで降りてきやすいからです。

37週を過ぎてウォーキングを行う場合いつ破水してもおかしくないので、1人で外に出るのは控えましょう。絶対に無理をしないでくださいね!

2.階段を上り下りする

階段の上り下りはかなり効果があります。とくに降りるときは重力の関係で赤ちゃんがしたに下がってくるので、陣痛が起こりやすいと言われているのですね。

上り下りを行う場合はできれば1人で行わず、誰かに付き添ってもらいましょう。

ちなみに私は本陣痛が来る数時間前にマンション13階を上り下りしました。笑

3.床の拭き掃除をする

拭き掃除も陣痛につながりやすいとよく聞くと思います。これは本当です。

なぜなら四つん這いになることで赤ちゃんが骨盤にすっぽり収まりやすく、そこから下に下がってきやすいからだと言われています。

昔から言われていることは本当に効果があるという事ですね!

4.刺激物を食べる

焼き肉やカレーを食べると陣痛につながるとよく言われています。

その理由は、刺激物を食べることによって赤ちゃんがびっくりして早く降りてきてくれるようです。笑

本当かどうかはさておき、びっくりして降りてくるという理由がなんとも可愛らしいですよね!

刺激物を食べて、すぐに陣痛が来たママさんも多くいらっしゃるようなので、試す価値はあると思いますよ。

5.オロナミンCを飲む

これもよく聞きますね。なぜなんでしょう?(笑)

って、ここを読んでいるあなたが1番気になりますよね!という事で、調べてみました。

どうやらオロナミンCに含まれている「カフェイン」が陣痛と関係があるようです。しかし、医学的根拠が全くないので気持ちの問題じゃないかと私は思います。

安いので試してみてもいいかもしれませんが糖分が高いので、飲む場合は1日1本までにしておきましょう!

6.重いものをもつ

重いものを持つときにお腹に力が入りますよね?妊婦さんはその時にお腹が張ります。それが理由で陣痛が起きやすくなるようです。

知り合いで10キロのお米をもったら破水して陣痛が来たと言っている人がいました。本当に危なっかしいです(笑)

10キロまでは言いませんが少し重めの物をもつと陣痛につながることがあるようなので、試してみてもいいかもしれませんね。

しかし危ないので、絶対に無理は禁物です。

7.スクワットをする

スクワットを行うことで陣痛につながるケースがあるようです。

その理由は上に書いている内容と同様、お腹に力が入ることが原因なようです。

8.お迎え棒をする

鈴木お○むさんのブログで一気に話題になったお迎え棒。あなたはご存知でしょうか?

これは何なのかと申しますと、パパが赤ちゃんを迎えに行くのです。

つまり、パパと夜の生活をするということですね!

精子には陣痛を催促させる成分が入っているので、産院によっては「お迎え棒をしてね」とおっしゃる医師もいるようです。

ですが最中に万が一破水した場合赤ちゃんに感染症のリスクが伴うので、そんな危険な目に遭わすくらいなら赤ちゃんのタイミングを待った方がよいと思います。

※あくまで参考に。

9.乳頭をマッサージする

乳首を子宮はつながっているので、乳頭をマッサージすることによって陣痛につながると言われています。

お風呂に入るときに念入りにマッサージをしてみてください。おそらくお腹が張ってくるのがわかると思います♪

私が試して1番効果があったもの

私は妊娠5ヶ月から早産気味と言われてしまい、そこから臨月までおとなしくしていると…なんと予定日を過ぎてしまいました。笑

早産気味と言われても予定日は過ぎる人はいるようです(*´Д`)

先ほど書いた内容をほとんど試しましたが、その中で1番効果があったのは9番目に書いた乳頭マッサージです。

前駆陣痛が続いて、中々本陣痛につながらなくて助産師さんに相談したら、

「乳頭マッサージが1番効果があるよ!」

と言われその通りに行うと、数時間後に陣痛が来ました。

わたし個人の感想なので、必ず陣痛につながるとは言い切れませんが、乳頭マッサージをするとお腹が張るのは間違いないのでぜひ試してみてください♪

以上、陣痛につながるかもしれない9つの方法でした(*´ω`*)

本気で痩せたいあなたへ

トピナガードル

隠れたスーパーロングセラー商品、トピナガードル。口コミがかなり好評で、わたしも実際に使用して産後5ヶ月でウエストが約-10センチ細くさせることに成功しました。

このガードルの特徴は、

  • 締め付けない
  • 暖かい
  • 24時間着用できる
  • 無料のアフターケア

そして、純日本製で安心ということで高評価を得ている産後ガードルです。

産後ガードルに悩んでいる方は、実際にわたしが使用してトピナガードルの効果について書いているのでよければ参考にしてください♪

  • この記事を書いた人

Riel

3歳と1歳の子供を持つ2児の母です。趣味は旅行、ハンドメイド、一眼レフカメラ。大好きなキャラは、アリエルです♪最近はよく家族でユニバへ遊びに行ってます。※インスタもしています♪詳しいプロフはこちら

-2人目妊娠記録
-

Copyright© Rielママの子育てブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.