母乳育児について

母乳の量が少ないときの解決法をまとめてみた

投稿日:2017年1月30日 更新日:

こんにちわ、Rielです♪

産後2~3ヶ月を過ぎたら、赤ちゃんとの生活に慣れてくるママさんも多いのではないでしょうか?

母乳育児をしているママさんは、ちょうどこのころから授乳のリズムが出来てくる頃だと思います。しかし、生後1ヶ月から授乳間隔がなかなか伸びず、「母乳の量が出ているのか不安」と思う方もいらっしゃると思います。

今回は、母乳の量が少ないときの解決法を私の経験をもとにお話ししていくので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

母乳の量が出ていない時の解決法とは

産後すぐから母乳の出る量は人それぞれ違います。たくさんの量が出る人もいれば、なかなか出てこないという人もいます。

私は、産後すぐから母乳が出ている方だと言われました。しかし、授乳の仕方が悪かったせいで母乳の分泌が少なくなり、結果生後半年ごろまで母乳の量が増えなかったです。

※授乳の仕方については、あとでお話ししますね!

母乳の量について悩んだ時に、母乳外来へ相談しに行きました。その時に言われた内容について、下に詳しくまとめていきますね。

水分をたくさん取る事

母乳外来にいた助産師さんに、「母乳の量を増やすにはどうしたらいいですか?」と質問を投げかけたところ、このように言われました。

「まず水分をたくさんとってね!」

なぜ水分をたくさん取ると、母乳が出やすくなるのか不思議に思った私は、なぜ水分をたくさん取る事によって母乳の出がよくなるのか聞いてみました。

「母乳は血液から作られています。血液は水分から作られているので、ママが水分を取る事によって血液が作られ、母乳分泌につながるのですよ」

このようにおっしゃっていました。

ただし、水分と言っても水だけを飲むのではなく、温かいスープやお味噌汁、お茶やたんぽぽ茶などを摂取するのがよいと続けておっしゃっていましたね。

水分の摂取量は1日約2Lが理想だそうです。2Lと聞いて「そんなに飲めない!」と思うかもしれませんが、食事にも水分は含まれているのでそこまで心配する必要はないですよ♪

白ご飯を食べる

水分以外で他に母乳が出る方法がないか聞いてみたところ、このように答えてくれました。

「母乳の量を増やす方法は、やはり食事をしっかり取る事です。中でも白ご飯を食べることですかね。お餅もいいですが、3食しっかり和食を中心に取ることによって母乳の分泌が増えますよ」

私はこの言葉を聞いて、食事内容をもう一度見直し、和食を中心とした食事をとるように心がけました。また、パン類やお菓子、ケーキ類などを食べず、お腹が空いたらふりかけご飯を食べるようにしてみました。

すると、おっぱいの張りが増え、母乳の分泌がよくなってきているように感じることができました♪

母乳外来に通うこと

先ほど話した「水分の量」と「食事内容」以外の方法で、母乳を増やす方法がないのかまた聞いてみました。

すると助産師さんは、

「1番母乳を出しやすくする方法は、母乳外来にきておっぱいマッサージを受けることです。そうすると、母乳が出る道(乳腺)を作ってもらえるので、母乳の量が増えていきます」

このようにおっしゃっていました。

生後半年以内の赤ちゃんは、おっぱいを吸う力が弱いのでしっかりとした量が出てきません。

そんな時に、助産師さんにおっぱいマッサージをしてもらうことによって母乳の出る道(乳腺)が開くので、赤ちゃんが吸いやすくなるのです。

なので、母乳の量で悩んでいる方は、母乳外来へ行くのが1番オススメですよ(^^♪

頻回授乳がオススメ

母乳外来へ行くと言っても保険がきかないので、1回マッサージをしてもらうのに結構お金が取られてしまいます(私が住んでいる所では1回約3000円です)

なので、お金をあまり使いたくない方は【頻回授乳】がオススメです!

私の体験談

最初でも話したように、私は授乳の仕方が悪かったせいで一時期母乳の量が減りました。

通常授乳をする時は、片乳〇分「ずつ」と決めて与えなくてはいけません。しかし、私の場合は片乳〇分「だけ」で済ませて授乳を終わらせていました。つまり、両乳あげず片乳のみでしか授乳をしていなかったのです。

このように、授乳の仕方が悪かったせいで母乳の分泌量が一気に下がり、息子の体重が一時期増えなかったのですね。

そんな時に助産師さんより頻回授乳をするように勧められたので、寝不足になりつつ頑張って吸わせてみました。すると、だんだん母乳の量が増え、息子の体重も増えていったのです!

生後半年になるまで3時間起きの授乳は本当にしんどかったですが、それを乗り越えたあたりから授乳がとても楽になりました。

おそらく乳腺がたくさん開通し、母乳の量が増えたんだと思います!

頻回授乳はママが寝不足になるので大変ですが、必ず母乳の量が増える時期が来ます。その時にとても楽になったので、諦めずに授乳することが大切です。

さいごに

いかがでしたか?

今回は母乳の量が少ないときの解決法についてお話ししました。

水分や食事内容、頻回授乳などは今すぐにでもできる方法ですが、それでも母乳の量が増えない場合は、1度母乳外来へ行って相談してみましょう!

きっとあなたの母乳事情を理解してくれて、解決法を提案してくれると思います♪

スポンサーリンク







本気で痩せたいあなたへ

トピナガードル

隠れたスーパーロングセラー商品、トピナガードル。口コミがかなり好評で、わたしも実際に使用して産後5ヶ月でウエストが約-10センチ細くさせることに成功しました。

このガードルの特徴は、

  • 締め付けない
  • 暖かい
  • 24時間着用できる
  • 無料のアフターケア

そして、純日本製で安心ということで高評価を得ている産後ガードルです。

産後ガードルに悩んでいる方は、実際にわたしが使用してトピナガードルの効果について書いているのでよければ参考にしてください♪

当サイトBEST3♪

1

こんにちわ、Rielです♪ 産後なかなか体型が戻らず、悩んでいるママさんは多いのではないでしょうか? そんなわたしも、産後に体型が元に戻るのか不安と感じていた1人でもあります…(´・ω・`) 妊娠中か ...

2

どうも、Rielです(*´ω`*) ここにたどり着いたあなたは、出産内祝いを何にしようか悩んでいるのではないでしょうか? 内祝いは赤ちゃんがうまれて30日前後に贈るのを原則なのはご存知かと思いますが、 ...

3

産後や授乳中のママは、結婚式に招待された時のお呼ばれドレスについて悩んだりしませんか? そんな私もいつも通りの高いピンヒールや、短い丈のドレスを着るのはちょっと抵抗があり、全て新しく買いなおしました。 ...

-母乳育児について

Copyright© Rielママの子育てブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.