赤ちゃんの事 赤ちゃんの病気

定期予防接種と任意予防接種とは?わかりやすく解説するよ~

投稿日:2016年12月2日 更新日:

どうも、Rielです。

子供が生まれるまで知らなかった予防接種の内容について。

現在の予防接種には、「定期接種」と「任意接種」の2種類があります。

これらの違いや意味について、わかりやすく説明していこうと思います♪

スポンサーリンク

予防接種とは

jaytaix / Pixabay

予防接種はなぜ必要なのか理解をするために、軽くお話していきますね!

私たちは、日常生活の中でさまざまな細菌やウイルスと共存しています。そのため、それぞれに対する抵抗力がないと、病気にかかってしまうんですね!

それを防ぐためにワクチンを打つことで、体の中に免疫を作ってくれます。つまり、細菌やウイルスから守ってくれるという事ですね!

ワクチンを接種するのは非常に大切なことで、流行りの病気の発病を予防したり、万が一かかったとしても、症状を軽くすることが出来るのです。

最近では、はしかが大流行し(H28.8)はしかのワクチンが一時期無くなるというニュースが世間で話題になりましたよね。

はしかは、予防接種を受けていない人が感染すると約99%、つまりほとんどの確率で発症します。もし発症すると、感染率が非常に高いので、完治する約2週間くらいは外出ができず、決められた病院に入らないといけなくなります。普段の生活に戻るには、約2週間もかかるなんてとても辛いことですよね。

しかし、事前に予防接種を受けているとほとんどの確率で病気の発症を防ぐことが出来るのです。

それほど私たちにとって予防接種は、とても大切なことだと言えるのですね。

赤ちゃんはなぜ予防接種が必要なの?

Profile / Pixabay

赤ちゃんはママのお腹にいるときに、病気への抵抗力(移行抗体)というものをもらいます。

しかし、生まれて数か月の間に少しずつ失われていくので、赤ちゃん自身が免疫を付けていかなくてはいけません。

赤ちゃんは大人より免疫力が弱く、些細な病気でも重症化になりやすいです。

それを事前に防ぐには予防接種が必要になってくるのです。

定期予防接種と任意予防接種とは

では、定期接種と任意接種の内容についてお話していきますね。

定期予防接種とは

国や自治体が小さな赤ちゃんに接種することをすすめている予防接種の事で、ほとんどの地域で無料で受けることが出来ます。

主に、B型肝炎、ヒブ、肺炎球菌、はしか、BCG、水ぼうそうなど他にもあります。

任意予防接種とは

任意接種は、健康保険がきかない有料の予防接種の事で、受けるワクチンによって値段が変わります。

主に、ロタウイルス、インフルエンザ、おたふくかぜなど…他にもあります。

地域や受ける病院によって金額が異なるので、接種希望の方は事前に連絡をし、いくらかかるのか聞いてみてくださいね。

任意接種は受けたほうがいいの?

私も息子に任意接種を受けさせようか悩みました。結果、ロタウイルスのワクチンだけ受けましたね。

ロタウイルスは、ほとんどの子供が5歳までにかかる病気で、その症状は下痢や嘔吐が約1週間ほど続きます。

また、乳幼児にかかる病気の中で、ロタウイルスは1番きつい胃腸炎だそうです。

中には入院しないといけない子もいるようですよ。

かといって、任意予防接種したとしても絶対にかからないというわけではありません。

大人でもインフルエンザのワクチンを打ったにもかかわらず、毎回かかっている人がいますよね?

つまり、任意の予防接種を受けたからと言って確実に病気から防げるわけではないのです。

では、お金を出してまで受けるメリットとは何なのか気になりますよね?

それは(細菌やウイルスたちが)体の中の滞在期間を短くしたり、病気の症状を軽くすることに大きなメリットがあるのです。

任意接種を受けていないことで、病気が重症化し、入院するケースも多く見られます。入院まで行くと赤ちゃんもママも精神的にしんどいですよね。

なので、重症化を防ぐために「任意接種を受けてはどうですか~」と病院側がおっしゃっているんですね。

病院側が任意接種について強く勧めてこない理由は、金額が結構高いからです。

ちなみに私がロタウイルスの予防接種をした時の金額は約12000円でした。結構痛い出費です。

各家庭によってさまざまな事情があるので、よく相談してから任意接種を受けるとよいと思います。

さいごに

いかがでしたか?

今回は予防接種の大切さと、定期接種、任意接種についてお話ししました。

生後1ヶ月の検診がおわると、予防接種のスケジュールを組んでいかないといけないので、予防接種の種類や内容について詳しく知っておきましょうね!

 

スポンサーリンク







本気で痩せたいあなたへ

トピナガードル

隠れたスーパーロングセラー商品、トピナガードル。口コミがかなり好評で、わたしも実際に使用して産後5ヶ月でウエストが約-10センチ細くさせることに成功しました。

このガードルの特徴は、

  • 締め付けない
  • 暖かい
  • 24時間着用できる
  • 無料のアフターケア

そして、純日本製で安心ということで高評価を得ている産後ガードルです。

産後ガードルに悩んでいる方は、実際にわたしが使用してトピナガードルの効果について書いているのでよければ参考にしてください♪

当サイトBEST3♪

1

こんにちわ、Rielです♪ 産後なかなか体型が戻らず、悩んでいるママさんは多いのではないでしょうか? そんなわたしも、産後に体型が元に戻るのか不安と感じていた1人でもあります…(´・ω・`) 妊娠中か ...

2

どうも、Rielです(*´ω`*) ここにたどり着いたあなたは、出産内祝いを何にしようか悩んでいるのではないでしょうか? 内祝いは赤ちゃんがうまれて30日前後に贈るのを原則なのはご存知かと思いますが、 ...

3

産後や授乳中のママは、結婚式に招待された時のお呼ばれドレスについて悩んだりしませんか? そんな私もいつも通りの高いピンヒールや、短い丈のドレスを着るのはちょっと抵抗があり、全て新しく買いなおしました。 ...

-赤ちゃんの事, 赤ちゃんの病気
-,

Copyright© Rielママの子育てブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.