赤ちゃんの事 赤ちゃんの病気

乳児、5歳未満注意!手足口病の症状とその対策方法とは

投稿日:2016年12月6日 更新日:

こんにちわ、Rielです。

小さなお子さんがいるママさん、あなたは手足口病という病気は聞いたことがありませんか?

春から夏にかけて流行るこの手足口病という病気、私がこれを知ったのは親せきの子供がかかったという話を聞いてからでした。

初めてこの病気の名前を聞いた人は、「手と足に口みたいなデキモノができるの?!」とびっくりされるかもしれませんが、安心してください。

水泡の発疹とイメージしていただけたらと思います。

今回はこの「手足口病」という病気について、万が一わが子にかかった時にびっくりしないように知っていただきたいので、詳しくお話していこうと思います。

スポンサーリンク

手足口病とは

violetdonz4ngel / Pixabay

手足口病とは、口の中や手足などに水泡の発疹ができる症状のことで、ウイルス感染によって起きる感染症のことです。

特に5歳未満の小さな子供がかかりやすい病気で、夏の暑い時期に発症しやすいです。

手足口病の症状とは

水泡性の発疹のほかに、38度の高熱を出すこともあるようです。

潜伏期間は約5~6日程度。

発疹ができる場所は、手のひらや足の裏、口の中などです。乳児の場合、お尻から足にかけて症状がでてくることが多くみられるようです。

症状が出て1番かわいそうな場所は、口の中です。

口の中に水泡が出来てしまうと、食事はもちろん、水分補給も難しい場合があります。もしそんな症状がみられる場合はすぐにかかりつけの小児科に電話してください。

手足口病の治療法とは

手足口病にかかった時の治療方法は、基本的に症状が治まるまで待つしかないようです。

しかし、熱がある場合は薬を処方してもらえます。

また、食事や水分が取れない場合は、点滴や入院することもあるようです。

手足口病の感染ルートとその予防策は

422737 / Pixabay

手足口病の感染ルートとは

夏場は暑いので、よくプールや噴水付近などで遊ばれる方は多いと思いますが、実はここで手足口病に感染してしまうことがあります。

主な感染ルートは咳や接触などですが、プールやお風呂でさえも感染しやすい環境なのです。

予防方法は

しっかり手洗いとうがいをすることです。特にトイレのあとは手洗いをしっかり行いましょう。

乳児が感染した場合、ママが手足口病に感染する可能性もあるので、排泄物をしっかり処理し、手洗いもきちんと行うことが大切です。

さいごに

いかがでしたか?

今回は手足口病の症状や感染ルート、予防方法についてお話ししました。

春から夏にかけてとても流行る病気なので、もし心当たりがある症状が出てきた場合はすぐにかかりつけの小児科に相談してくださいね。

スポンサーリンク







本気で痩せたいあなたへ

トピナガードル

隠れたスーパーロングセラー商品、トピナガードル。口コミがかなり好評で、わたしも実際に使用して産後5ヶ月でウエストが約-10センチ細くさせることに成功しました。

このガードルの特徴は、

  • 締め付けない
  • 暖かい
  • 24時間着用できる
  • 無料のアフターケア

そして、純日本製で安心ということで高評価を得ている産後ガードルです。

産後ガードルに悩んでいる方は、実際にわたしが使用してトピナガードルの効果について書いているのでよければ参考にしてください♪

当サイトBEST3♪

1

こんにちわ、Rielです♪ 産後なかなか体型が戻らず、悩んでいるママさんは多いのではないでしょうか? そんなわたしも、産後に体型が元に戻るのか不安と感じていた1人でもあります…(´・ω・`) 妊娠中か ...

2

どうも、Rielです(*´ω`*) ここにたどり着いたあなたは、出産内祝いを何にしようか悩んでいるのではないでしょうか? 内祝いは赤ちゃんがうまれて30日前後に贈るのを原則なのはご存知かと思いますが、 ...

3

産後や授乳中のママは、結婚式に招待された時のお呼ばれドレスについて悩んだりしませんか? そんな私もいつも通りの高いピンヒールや、短い丈のドレスを着るのはちょっと抵抗があり、全て新しく買いなおしました。 ...

-赤ちゃんの事, 赤ちゃんの病気
-,

Copyright© Rielママの子育てブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.