子供用品

ポキットエアーとポキットプラスを比較!口コミ情報も【2020年】

2020年1月24日

こんにちは、Rielです!

 

悩んでいる人
ポキットエアーとポキットプラスって何が違うの?比較をしている内容や、選ぶポイントが知りたいな~

 

こういった悩みがある方へ解決できるようにまとめました。詳しい内容が以下のとおりです。

 

この記事でわかること

  • ポキットエアーとポキットプラスの違い【表で比較】
  • 各ポキットを購入する時のポイント
  • ポキットエアーとポキットプラスの口コミ情報

 

補足としてこの記事を書いているわたしは2015年に初代にあたるB型ベビーカーポキットを購入しました。

 

今でも出かけるたびにポキットは手放せないくらいよく使っています(約4年半使用中)

 

初代のポキットの使用感を踏まえ、次世代ポキットの違いや購入するにあたっての重要ポイントをまとめているのでぜひ参考にしていただけたらと思います!

 

こちらの記事も合わせてどうぞ!

ベビーカーポキットの使用感を本音レビュー【4年半愛用ママが解説】

続きを見る

 

ポキットエアーとポキットプラスを比較!口コミ情報も【2020年】

はじめに「ポキットエアーgb」と「ポキットプラス オールテレイン」の違いをごらんください。

※以下「ポキットエアーgb ⇒ ポキットエアー」、「ポキットプラス オールテレイン ⇒ ポキットプラス」に省略します。

 

ベビーカー名 ポキットエアー ポキットプラス
画像
通常サイズ(縦横奥) 101×44.5×71 102×48.5×71
最小サイズ(縦横奥) 35×30×18 38×37×20
重さ 4.6キロ 5.6キロ
日よけ 小サイズ 大サイズ
車輪連動ブレーキ あり あり
シートパッド取り外し 可能 可能
リクライニング なし 115~145度
耐荷重 5キロまで 5キロまで
収納袋 なし なし
対象年齢 生後6ヶ月~4歳前後 生後6ヶ月~4歳前後
価格(税込) 23,100円 27,500円
それぞれの強み 通気性抜群 新生児から対応(OP)

 

上記の中で、比較対象となる項目が以下のとおりです。

 

徹底比較!

  • サイズ
  • 重さ
  • 日よけ
  • リクライニング
  • それぞれの強み

 

共通点がある項目は飛ばしたうえで、これから詳しく解説していきますね!

 

【サイズ比較】ポキットエアー vs ポキットプラス

タップで切り替えできます




ポキットエアー ポキットプラス
通常サイズ 101×44.5×71 102×48.5×71
ポキットエアー ポキットプラス
最小サイズ 35×30×18 38×37×20

まずはじめに各ベビーカーのサイズについての考え方です。

 

  • ポキットエアー ⇒ 横幅が小さくよりコンパクト
  • ポキットプラス ⇒ 横幅が広くひとまわり大きい

 

これらを踏まえ、どちらをどのように選べば良いのかというと、

 

選ぶポイント!

ベビーカーを折りたたむ機会があるのかどうかです。

 

たとえばポキットエアーを購入すると、交通機関での改札口や狭い通路での利用がよりスムーズになるんですね。

 

さらにコンパクトにすると、飛行機での持ち込みや新幹線の上スペースに置いたりなど、どこにでも自由に持ち運ぶことができます。

 

なので、もしあなたが遠出をしたり、新幹線や交通機関での利用が多いのならポキットエアーを選ぶと良いでしょう。

 

逆にそこまで交通機関での利用がなく、あまり折りたたむ機会がなければポキットプラスを選ぶと良いですね。

 

【重さ】ポキットエアー vs ポキットプラス

ポキットエアー ポキットプラス
重さ 4.6キロ 5.6キロ

つぎは重さについての考え方です。

 

  • ポキットエアー ⇒ ポキット至上1番かるい
  • ポキットプラス ⇒ ダントツの安定感

 

これらを踏まえ、どちらをどのように選べば良いのかというと、

 

選ぶポイント!

安定感を重視するのかどうかです。

 

ポキットエアーはポキットプラスよりも0.8キロも少ない「4.6キロ」という軽さで、ベビーカーの中ではトップクラスで軽いんですね。

 

それに比べポキットプラスは5.6キロという重さになりますが、じつは「軽ければよい」と言うわけではないんです。

 

ポキットは小回りがよく効くB型ベビーカーなので、どちらのタイプでも砂利道やでこぼこ道などスムーズに通ることができますが、やはり重い方が安定感はあります。

 

あなたが住んでいる地域で「石畳やでこぼこ道などが多い地形」なら、エアーよりもポキットプラスのほうがより安定した走行ができるので、これらを考えた上で購入を検討してくださいね!

 

世界最小ベビーカー

ポキットエアー gb メッシュ

ポキットプラス オールテレイン

先輩ママが選ぶNo.1ベビーカー

 

【サンシェード】ポキットエアー vs ポキットプラス

ポキットエアー ポキットプラス
日よけ 小サイズ 大サイズ

つぎは日よけについての考え方です。

 

  • ポキットエアー ⇒ 別売りで対応する
  • ポキットプラス ⇒ 買い足す必要なし

 

これらを踏まえ、どちらをどのように選べば良いのかというと、

 

選ぶポイント!

日よけ対策をしっかりしたいかどうかです。

 

ポキットエアーは日よけ部分がとても小さいので、正直に言うと役に立たないです(本音)。

 

それに比べポキットプラスは、頭部分をすべておおうようにカバーしてくれる大きさがあるんですね。

 

悩んでいる人
しっかりした日よけガードが欲しいのならポキットプラス1択なのかな…

 

このように思われるかもしれませんが、考え方によってはポキットエアーを選んでいただいても大丈夫です。

 

先に下記の画像をご覧ください。

 

 

この商品は実際に私も使っているのですが、ポキットシリーズにぴったりの日よけガードなんです。

 

素材が柔らかく、ある程度好きな位置にテープで固定することが可能。

 

それによってベビーカーを卒業しても自転車の後部席に取り付けることが可能なので、長い期間つかうことができるんですね!

 

しかし、そこまで日よけに対してこだわりが無ければ購入する必要はありません。

 

将来を考えて日よけガードを買い足すのか、それとも買い足さずにポキットプラスを選ぶのか、ご自分の生活スタイルで決めてくださいね。

 

ポキットにピッタリサイズ

レイフリー 日よけ

~長いあいだ使えてお得!~

 

【リクライニング】ポキットエアー vs ポキットプラス

ポキットエアー ポキットプラス
リクライニング なし 115~145度

続いてリクライニングについての考え方です。

 

  • ポキットエアー ⇒ なし
  • ポキットプラス ⇒ あり(115~145度まで)

 

これらを踏まえ、どちらをどのように選べば良いのかというと、

 

選ぶポイント!

ベビーカーを使う頻度が高いかどうかです。

 

たとえばあなたがよく旅行へいったりテーマパークへのお出掛け頻度が高いのなら、リクライニング機能があるポキットプラスがおすすめです。

 

なぜかというと、子供が疲れにくくぐっすりと眠ってくれるからですね!

 

逆に遠出をするときは車を利用したり、近場の病院や買い物でしか使わないのならポキットエアーで十分です。

 

リクライニングの機能が必要かどうかは「長時間ベビーカーを使うのかどうか」で決めると良いですよ。

 

【それぞれの強み】ポキットエアー vs ポキットプラス

タップで切り替えできます

ポキットエアー ポキットプラス
それぞれの強み 通気性抜群 新生児から対応

さいごはポキットシリーズにおいてそれぞれの強みについての考え方です。

 

  • ポキットエアー ⇒ 日本の気候に合わせた素材使用
  • ポキットプラス ⇒ 生後1ヶ月~4歳前後まで使える

 

比較と言うより、特徴の話になるのでもっとくわしく下記にて解説していきますね。

 

今までにないメッシュ素材のB型ベビーカー「ポキットエアー」

 

ベビーカーポキットエアーの最大の特徴は日本の気候に合わせたメッシュシートを採用しているところです。

 

こんな人におすすめ

  • 子供が汗っかき
  • 夏場でもよく公園に行く

 

子供はもともと体温が高いので汗をかきやすいです。

 

その状態でベビーカーに乗るとあせもができたり、機嫌が悪くなったりするんですね。

 

そんな時に便利なのが通気性があるこのポキットエアーです!

 

子供が乗る部分がメッシュ素材でできていて、後ろから見ると透けて見えるくらい薄く作られているんですね。

 

「ベビーカーを押しているときの後ろ姿がかわいい!」なんて声もあったよ♪
Riel

 

もちろん、薄くてもしっかりした作りですのでご安心を!

 

悩んでいる人
夏場はよくても冬場は寒いんじゃないの?

 

こういった声もあるかと思いますが、冬の寒い時期は専用シートを使うと寒さ対策ができます。

 

 

【POCKIT・POCKIT AIR・POCKIT PLUS専用シートライナーの商品詳細】
●gb(ジービー)ポキット・ポキットエア・ポキットプラス 専用のシートライナー。
●ベビーカーへの取り付けは非常に簡単で、取り付けた状態で折りたたみ可能。
●ベビーカー本体のシート部分の汚れも大幅に軽減します。
●ご自宅でのお洗濯ももちろん可能。いつも清潔にシートライナーを保てます。

【楽天】ポキット専用シートライナーより

 

このように、気候に合わせて年中使うことができるので、暑いときはそのままお出掛けで快適に、寒いときは専用シートで暖かくお出掛けという使い分けができるスーパーベビーカーなのですね!

 

ポキット至上超軽量

ポキットエアー gb メッシュ

~日本限定のメッシュ素材~

 

2万円以上も得する!?新生児から対応⇒進化した「ポキットプラス」

ポキットプラスの最大の特徴は、別売りの「専用アダプター」と「エイトンQ」という新生児から対応したチャイルドシートを使うことによって、生後1ヶ月~4歳前後までたった1台だけで済ませることができるベビーカーです!

 

こんな人におすすめ

  • チャイルドシートの購入予定がある
  • 新生児から長期使えるベビーカーを探している
  • 何台もベビーカーを購入したくない
  • デザインにこだわりたい

 

このポキットプラスは2019年に発売され、歴代ポキットシリーズの良いところすべてぎゅっと合わせた最新型ベビーカーです。

 

どこがすごいのかというと、この「エイトンQ」ひとつあるだけで、車にも使えるしポキットに付けるだけで新生児から対応ができるというポイントですね!

 

しかもむちゃくちゃコストが安く済むのよ!
Riel

 

たとえば私を例にすると、お出掛け準備で以下をものを購入しました。

 

値段
AB型ベビーカー 50,000円
初代ポキット 25,000円
日よけガード 3,000円
レインカバー 2,500円
チャイルドシート(中古) 10,000円
合計 90,500円

 

上記のとおり、約95,000円もの大金が消えてしまったんですね。

 

しかもチャイルドシートは安い中古品購入なので、人によっては合計10万以上ぶっ飛びます…。

 

それにくらべ、新生児から対応したポキットプラスを購入するとこのような金額になりました。

 

値段
ポキットプラス 27,500円
エイトンQ 29,700円
専用アダプター 2,970円
専用レインカバー 4,180円
合計 64,350円

 

私と同じ物を購入しているのに全部で64,350円と、約26,150円もお得に!!

 

さらにこのポキットプラスを購入すると、チャイルドシートやB型ベビーカーを追加購入しなくて済むので、お財布に優しく保管場所にも困りません。

 

ポイント

もしあなたがチャイルドシートの購入を検討していたり、何台もベビーカーを購入したくない、そしてデザインが良い物を探しているのならこのポキットプラスは大変おすすめです!

 

新型ベビーカーポキットプラス

ポキットプラス オールテレイン

~生後1ヶ月~4歳まで使える~

 

ポキットエアーとポキットプラスの口コミ情報

実際にポキットエアーとポキットプラスを購入したママさんの声を見てみましょう。

 

ベビーカー ポキットエアーの口コミ

本当にコンパクト!

30代女性

元々使っていたのは、AB型の10kgの海外ベビーカーでした。とても気に入っていたのでセカンドベビーカーはいらないって思っていましたが、ポキットのコンパクトさが魅力で購入しました。買って大正解!
車の乗せ下ろしがほんとうに楽で、トランクの場所もとらない!コンパクトさって、こんなに重要なんだなと思いました。
走行性はガタガタいいますが、娘はそのガタガタがいいのか?おとなしく座ってくれます。
冬にはポキットエアーは寒いので、シートライナーも購入して使用しています。

 

購入して良かった

30代女性

メッシュとそうでないのを買うか悩んだのですが購入したのが7月、そしてあせもができやすい我が子のためにメッシュにしてみました。
冬は寒いそうですがコートを着たりできるし寒さ対策よりも暑さ対策の方が大変なので、夏場優先にしてよかったです。
1台目コンビのAB型、2代目サイベックスイージーSときてだんだん重くなる我が子に耐えられなくなりました。
最近は普段も使うことが多く、以前のベビーカーの出番はめっきり減りました。

 

旅行に最適なコンパクト&軽量ベビーカー

30代女性

ずっとコンビのスゴカル愛用してきたのですが、旅行の際に機内持ち込みができること、自転車のカゴに載せられる、更に体重17キロまで使用出来ることがポイントで2台目として購入しました。
正直、操作性などは期待していなかったのですが、使ってみるとタイヤはスムーズに動くし、メッシュで子どもも快適そうでした。
たたみ方にも開き方にもコツがいるなと思ったので星4つにしましたが、本当に助かってます!2台目におすすめです。

 

口コミの続きを見たい方はこちらへどうぞ!

 

ポキット至上超軽量

ポキットエアー gb メッシュ

~日本限定のメッシュ素材~

 

ベビーカー ポキットプラスの口コミ

続いてポキットプラスの口コミ情報です。

 

30代女性

1歳の息子を連れて旅行にいく為、飛行機の機内持ち込みできるサイズのベビーカーが欲しく購入しました。
結果、買って大正解でした!折りたたんだときはもちろん、広げて使う時もコンパクトなので狭い道なども通りやすかったです。リクライニングできるので、お昼寝したときは倒してゆっくり寝させることができました。
折りたたみも1~2回練習すれば問題ありませんでしたし、重さも私は気になりませんでした。
旅行先に持って行く方にはオススメです!

 

2歳児の2台目ベビーカー

30代女性

2歳児の息子(13kg)の2台目ベビーカーとして購入しました。
我が子は大きめのため、3歳までと表示されているベビーカーでは少し窮屈でしたが、これはちょうど良い大きさでした。
コンパクトに畳めてスムーズに動けるので、年末年始のお出かけに大活躍でした。

 

軽い!手軽!!

30代女性

普段エアバギーを愛用してますが、新幹線や飛行機で旅行や帰省をすることが増えまして2台目を考えていました。
息子がかなり大きめな一歳半なので電車の抱っこも立ちっぱなしではかなり腰がやられてしまいます。
エアバギーは折りたたみがしにくいためコンパクトになるこちらを購入しました。
リクライニングも軽くでき軽くてスムーズです。なによりコンパクト!!
折りたたみもおもった程難しくなく2回練習したらもう大丈夫でした!!
玄関に置いても邪魔になることもなくスーパーにささっと行くときも便利!
自転車のカゴにもいれても大丈夫でした年末年始にフル活用できそうです!

 

口コミの続きを見たい方はこちらへどうぞ!

 

ポキット最強ベビーカー

ポキットプラス オールテレイン

~生後1ヶ月~4歳まで使える~

 

まとめ

今回は「ポキットエアーとポキットの違いを比較!口コミ情報も」という内容でまとめました。

 

双方のベビーカーを選ぶポイントは以下のとおりです。

 

選ぶポイント

  • 折りたたむ機会があるのかどうか
  • 安定感を重視するのかどうか
  • 日よけ対策をしたいかどうか
  • 使う頻度が高いかどうか
  • 子供が汗っかきなのかどうか
  • 長い期間で使いたいかどうか

 

これらをしっかりと考えたうえで、どちらのベビーカーにするのかぜひ参考にしてみてくださいね!

 

最新のポキットシリーズとは少し古い型ですが、初代ポキットと比較した内容の記事もまとめています。

 

こちらもよければ参考にどうぞ!

 

ベビーカーポキットの使用感を本音レビュー【4年半愛用ママが解説】

続きを見る

 

世界最小ベビーカー

ポキットエアー gb メッシュ

ポキットプラス オールテレイン

先輩ママが選ぶNo.1ベビーカー

あなたのシェアが励みになります

  • この記事を書いた人

Riel

ブログにて過去月15万以上収益発生→一気にゼロになった結婚9年目の2児の母です。R1.11月よりブログ運営マジメにSTART!週に4回ブログ更新継続中!Twitterやインスタでも子育てやダイエットなどの悩みを解決する情報を発信中♪詳しいプロフは下へどうぞ。

-子供用品
-, , ,

Copyright© RielBrog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.